NEWS

特許第6082795号

「地盤情報システム、地盤解析装置、地盤情報処理方法、プログラム」で登録しました。

日本測地学会第126回講演会

日本測地学会第126回講演会が奥州市文化会館で行われ、口頭発表「地盤情報システム(JISLaD)と基準点成果の比較について(その2)」とポスター発表「地盤情報システム(JISLaD)と基準点成果の比較について(その1)」をしました。

ポスターセッション

日本地球惑星科学連合 2016年大会でポスター発表しました。

メルマガ配信スタート

「GPS地盤変動情報 第0号」が配信されました。JISLaDの概要やGEONET解析システムなどを紹介しています。

 

GPS地盤変動情報とは?

国土交通省国土地理院が設置・運営している日本全国約1300点のGNSS観測点(GEONET点)の観測データを毎日自動 解析して基線長変化・面積変化・歪み変化を算出し、変化の 大きな箇所を地図上に発色させて分かるようにした地盤情報 システム(JISLaD)を開発しました。このシステムにより、日本 全国の地盤・地殻変動を発信していきます。
 
 
 
 
 
 

菱形を基本としたJISLaD網の形成


形が悪くなる箇所などは三角形を配置。6辺長の変動量 面積の変化率 せん断歪みを計算する

変動量が一定値を超えたら警告


「赤」は基線が伸びた時に、「青」は基線が縮んだ時に、「!」はせん断歪みの値が一定の値を超えた時に表示されます。

●メルマガ「GPS地盤変動情報」を発刊しています。購読はコチラから(まぐまぐ

pagetoppagetop